脇が黒ずんでしまう原因とは?

脇が黒ずんでしまう原因とは?

脇の黒ずみに悩んでいる方は多いようです。
温かくなってくると服装によっては脇がちらりと見えてしまうこともあります。

 

キレイに無駄毛を処理して、メイクもばっちりのっていても、
脇が黒ずんでいては気分は落ち込んでしまいます。

 

お肌が黒ずむ原因は大きく分けて2つあります。

 

ひとつはメラニン色素の沈着、もうひとつは皮脂や古い角質汚れなどの詰まりです。
メラニン色素の沈着は、メラノサイトという細胞がお肌への刺激に対して起こす防御反応です。

 

脇は摩擦やカミソリなどの物理的刺激が多く、
お肌の中でも負担をかけてしまう部位です。

 

しかも、脇の皮膚は薄くデリケートなため、お肌を守るために太い毛が生え、
メラニン色素も沈着しやすいというわけです。

 

ここで切っても切り離せないのが、「脇の無駄毛の処理」です。
この処理方法の選択が、メラニン色素の沈着に大きく影響してきます。

 

カミソリや毛抜きによる自己処理は、肌にかかる負担が最も大きく、
黒ずみ発生のリスクが高まります。

 

自己処理をするとしても、クリームを使用したり、処理後に化粧水や乳液でケアするなど、
刺激を少なくする工夫をするとよいと思います。

 

また、お肌への負担を抑えるという意味でも、医療機関での脱毛がおススメです。

 

また、皮脂や古い角質汚れなどは、衣類による摩擦や蒸れに始まり、
制汗剤に覆われたり、ワキはもともと汗や皮脂の分泌も盛んなことから、
ある程度は避けられない部分でもあります。

 

それに加え、黒ずみに悩むあまり、あれこれとスキンケア用品を使用することが、
脇への刺激を増幅させている場合もあります。

 

ファンデーションで隠すという対処法もあるようですが、
黒ずみの原因をさらに一つ増やしているだけです。

 

一時しのぎにはなるのかもしれませんが、やめた方が賢明でしょう。